「もしもし。いや今日さ。もう疲れちゃったんで・・・・」
と話し続ける友人の携帯から、例のよく通る声が聞こえてきた。

うへえっ!

彼女さんの声が隣でハンドルを握っている私にさえ届くのだから
携帯で直接会話した友人はさぞかしビビッただろう。
「コワいよお~ブッコロスって言ってるよお~(泣)」
聞こえたわい。・・・・まあしょうがない。お使いに行くか。

「で、なに買うの?」友人が訪ねると、
「ポテチとぉ、食パンとぉ、ティッシュとぉ・・・」
「あ、ちょっと待って!多いよ!メールにして!」
電話を切り、しばし待つ。受信音が鳴った。
私は彼女宅近所のコンビニへと向かいながら
コンビニでは買えないものがあったら困るので、
リストを読み上げてもらった。
「えーと、ポテチ。食パン。ティッシュ。にゅうにゅう。」

『にゅうにゅう?』ハモッた。

「なにそれ?」
「不用品回収も知らない。」
他にも砂糖とかガムなどもリストにあったが、これだけはわからない。