総人口35万人の小国、時々、バイキングクラップと呼ばれ、手を大きくあげてうなり声をあげながらゆっくり拍手をする応援が目をひきます。この試合も勢いがありました。

前半、ナイジェリアを圧倒しました。

身長もあり、スピードもあって、パスもつながり、ラストパスの精度もあって
ナイジェリアゴールをおびやかしました。

きわどいシュートが多く、いつか得点できそうな予感、、しかし、点ははいりませんでした。

ナイジェリアのキーパーは19歳だそうです、19歳に見えない、若々しくない厳しい顔でゴールを防ぎました。

ナイジェリアの攻めはたまにカウンターで反撃するのですが前半はシュートは一本もなし。これはひどい、、

えらい一方的だな、とおもいましたが、後半が始まると、なんと後半一分でナイジェリアが攻め上がって、シュート! キーパーには止められましたが、、おおー!ついにシュートしたぞと見ていました。

不用品回収がきっかけだったでしょうか、、この試合、前半と後半でがらりと様相が変わりました。